独自システム開発の負担を軽減できる

決済代行導入で得られるもの

EC事業者が自社サイトのシステム開発の負担を、軽減するために必要となるのが決済代行会社を導入することです。ECサイトで顧客を幅広く獲得するには、顧客に複数の決済手段を提供する必要があります。ただEC事業者は決済手段を増やせば、その分情報も増えるので管理が大変になり、さらに人的なコストや業務負担も増えてしまいます。決済代行会社の役割は審査や契約の手続き、売上げ入金管理などを、EC事業者とクレジットカード会社などの決済機関の間で業務を代行することです。具体的にはEC事業者指定の決済機関との契約の手続きを代行することで、決済代行導入前の決済機関ごとに違う仕様に対しての、自社サイトの開発の手間が少なくなります。これは決済代行会社が、それぞれの決済手段に応じてシステムの構築を行うからです。

決済代行導入の色々なメリット

EC事業者が決済代行会社を利用した際のメリットは、決済手段を選ぶ時の決済機関ごとのサービス面や手数料率などを、比較したり検討する手間が省けることです。またEC事業者はクレジットカード決済を導入すれば、それぞれのクレジットカード会社と個別契約を結びます。それぞれのクレジットカード会社で、異なる審査の基準や手続きフローがあります。そのためEC事業者にとってそれを確認しながら契約を進めて行くため、かなりの負担になってしまいます。決済代行会社を導入すれば、決済機関との間でかかる契約の手間が軽減されます。そして何と言っても決済代行会社導入は、EC事業者のシステム開発の負担が軽くなることと、複数の決済手段の導入も簡単にできることです。

コンビニの決済代行は、ネットショップでの購入時にクレジットカードを使用せず、お近くのコンビニで24時間支払可能です。