さまざまな決済方法を一括契約でき手間が省ける

決済代行は本当に必要か?

「決済代行」とは、店舗やウェブサイト等と、クレジット会社の間に立ち、クレジットカードでの支払いや、銀行振込・コンビニ払いなど、多様な決済手段を提供するサービスです。
インターネットでの売買が増え、支払いの方法も多様化しています。そのため、お客様のニーズに答えられる「支払い方法」を、用意する必要があります。
しかし、クレジット決済を導入するためには、カード会社の審査を得て加盟店になる必要があります。各カード会社と、直接契約しようとすると、各社ごとに契約する必要があります。手数料率が異なるなど、事務処理に手間がかかります。また、審査の基準も、カード会社により異なるため、審査を通過できない場合もあります。さらに、セキュリティ対策にコストもかかります。店舗自らと、カード会社等それぞれの決済機関との、直接契約は大変難しいです。その大変さを、解消してくれるのが「決済代行」です。

決済代行のメリットとは?

決済代行は商品を売る側にとって、便利なサービスです。「決済代行」を利用すれば、クレジットカード決済の導入が簡単にできます。各種カードや銀行・コンビニでの支払い等、短期間で決済方法を増やすことが出来ます。決済方法の選択肢を広げることによって、お客様が増えるというメリットがあります。 次に、様々な決済方法を一括管理することが出来ます。お金の管理や、顧客情報の管理を一元化することで、コストの削減になります。個人情報など、取扱いに気をつかう作業を任せられると、安心ですし手間も省けます。さらに、セキュリティの管理や、システムのメンテナンス等、運用のサポートを受けることも出来ます。 このように決済代行は、店舗や企業の成長に欠かせないものになっています。導入する際には、信頼できる決済代行会社を選びましょう。