安心安全のために!セキュリティー対策は万全かどうか

カード情報を非保持化している会社の有用性

決済代行サービスの利用を開始する前に、各社のセキュリティ対策を比較・検討しましょう。セキュリティが不十分な会社の決済代行サービスを導入した場合には、万が一の事態が起こりかねません。決済代行サービスのセキュリティ対策をチェックする際には、先ずカード情報の取り扱い方法を把握しましょう。クレジットカードを加盟店で利用する場面では、情報漏洩が発生するリスクを否めません。もしも個人情報を第三者に搾取された折には、カードを不正に使用される可能性が高いです。そのため、クレジット業界全体が一丸となり、加盟店でカード情報が保存・処理されないシステムの構築を目指しています。決済代行サービスの利用を考えた折には、カード情報の非保持化を明言している会社を選びましょう。

国際的な基準をクリアしているか否か

決済代行サービスは、利便性に優れているため、世界各国の会社が提供しています。その一方では、しばしば犯罪組織のターゲットになることがあります。そのため、グローバルな基準に準拠してセキュリティ対策を講じている会社は少なくありません。国際的な第三者機関が安全性の高さを認定している決済代行サービスでは、他者がカード会員のデータを簡単に入手できない環境を整えているケースが一般的です。ネットワークやプログラムにおいてトラブル発生の予防策を講じており、情報の漏洩・改ざんなどが起きにくいです。国際的な認証を取得している決済代行サービスの中には、ネットワークを定期的に監視している事例も多々あります。セキュリティ対策の特徴にも着目し、利用する決済代行サービスを吟味しましょう。